ブルーベリー - ダイエットサプリWeb

トップ > おすすめ成分 >ブルーベリー

ブルーベリー

小さい粒に抗酸化作用の驚きの力

ブルーベリーが健康にとって非常に良いというのは誰もが知っていることだと思います。ではブルーベリーの何が身体に良いのでしょうか?
ブルーベリーの色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンと呼ばれる抗酸化物質が豊富に含まれています。抗酸化物質とは、ガンや心臓病、脳卒中、老化の原因と言われる活性酸素の害を抑えてくれる働きがあります。活性酸素は健康のために無くてはならないものですが、過剰に体内に入った活性酸素が、体内の細胞に傷を与えていくことになります。

昨今ではオゾン層の破壊による紫外線量の増加や、環境ホルモン、電磁波、排気ガスやストレス、喫煙など活性酸素が発生する原因となるものばかりに囲まれています。その為、この活性酸素の害からいかに身体を守るかが重要になって来ています。アメリカのボストンにあるタフツ大学が活性酸素の害を防ぐことのできる、抗酸化の研究を行いました。そしてその結果、ORAC法という野菜や果物に含まれる抗酸化物質を数値で表現する方法を編み出しました。

このORAC法によると、ブルーベリーは数ある野菜や果物の中で、その抗酸化能力が最も高い部類に入ることが分かり、その実力が裏付けられたのです。もちろん、活性酸素に対抗してくれるのはアントシアニンなどのポリフェノールだけでなく、ビタミンのAやC、Eなども身体が酸化するのを防いでくれます。 ブルーベリーは抗酸化作用以外にも目の病気、視力改善に効果ありとのことですが、あいにくこのサイトはダイエットに関することを扱っているので、割愛します。より知りたい方はこちらをご覧下さい。

根本的にブルーベリーは食品としても多く流通していて、普通の人ならサプリとしてわざわざとらなくてもブルーベリージャムや、ソースなど、日常のものに加えるだけで手軽に摂ることができると思います。ただし、産地や栄養成分に徹底的に拘る方なら、専用のサプリを選んだ方がよいでしょう。

ページ上に戻る