青汁 - ダイエットサプリWeb

トップ > おすすめ成分 > 青汁

青汁

緑の力で野菜不足を回避

青汁は「苦い!もう一杯!」でおなじみですね。野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維などをすべて補うことができます。各社から積極的に商品が発売され、年齢問わず多くの人になじんでいる青汁、最近ではパウダー状、カプセルタイプ、タブレットタイプ、ピューレ状などさまざまな種類があり、一昔前の苦さが全くなく飲みやすく作られたものも発売されています。

チェックポイント

青汁といってもその原料や製法は色々な違いがあり、自分にぴったりの青汁を選ぶにはまず原料をチェックしましょう。青汁の原料はケール、あしたば、大麦若葉などが有名ですが、その生産産地は国産のものから、中国や台湾産、無農薬か、有機農業で作られているもの、減農薬のものなどさまざまあります。口に入れるものですので、原料の生産の情報をチェックし、納得のいくメーカーのものを選びましょう。 次に、製法、形状も大切なポイントです。それによって青汁の味も違ってきます。エキスをしぼってそれをパウダー状にしたものと、原料をそのまま粉砕し、パウダー状にしたものとでは含まれている食物繊維の量はもちろん、味も違ってくるのです。また純末100%ではなく、他の果実や野菜と混ぜているものもあるので、飲みやすさと栄養成分を考えて 検討することが必要です。

青汁をもう一つのポイントはブランドで選ぶこと。大手ブランドはだいたい産地から一貫して確保していることが多く、そのぶん安全管理もしっかりしているといえます。一番有名なメーカーはキューサイですよね。でもそれ以外にファンケルなど、多数のメーカーから販売されています。

その中で価格や会員特典、メーカーのサポート体制も検討するポイント。ご家族みんなで毎日飲みたいという方はやはり手ごろな価格で飲めるものが良いでしょうし、栄養について機関紙などで情報を発信しているメーカーだと毎日の食生活を考える際の勉強にもなります。

ページ上に戻る